松戸家

  • 0120-980-015
  • 0120-980-015
  • 営業時間:9:00~17:00 ※定休日:火曜日
  • 営業時間:9:00~17:00
    ※定休日:火曜日

未来のお墓研究所
お墓選びを後悔したくないあなたへ

墓地の種類とは?
お墓の種類や新しい供養の形を解説

墓地の種類とは?お墓の種類や新しい供養の形を解説

最近、人々の多様化するニーズに応えるように、多くの種類の墓地が登場しています。当然、自分や家族の価値観、ライフスタイルに合わせて墓地を選びたいものです。
今回は墓地の種類について多角的に徹底解説します。墓地だけでなく、お墓の種類や新しい供養の形についても触れるので、ぜひ参考にしてみてください 。

1. 墓地・お墓の種類にはどんなものがある?

墓地の分類方法で一般的なものとして、経営母体の違いが挙げられます。大きく分けて、「公営墓地」、「民間墓地」、「寺院墓地」といったものがあり、多くの人のお墓はこの3つの中のどれかに該当するはずです。
また、墓地だけでなく、そこに建てられるお墓でも分類分けは可能です。一般的に、多くの人が「お墓」と言われてイメージされる「家墓」や夫婦それぞれのお墓を統合する「両墓」、そして故人ひとりが入ることを目的とした「個人墓」があります。 それに加え、最近では既存のお墓のあり方にとらわれない、新しい供養の形も生まれています。例えば、「樹木葬」や「自宅墓」といったものも注目を集めています。

霊園と墓地の違い
「霊園」と「墓地」という言葉に明確な使い分けはありません。「霊園」という言葉の定義は曖昧であり、しっかり定義されているものではないからです。ただ、一般的に「霊園」と「墓地」は寺院にあるかどうかで使い分けが行われているようです。そのため、お寺などに属していなければ「霊園」といった表現をすることが多い傾向にあります。
しかし、法律上は「墓地」と言う言葉は「霊園」や寺院内の「墓地」の区別なく使われています。今回の記事では、混乱を避けるためにも、「霊園」と「墓地」を使い分けず、全て「墓地」という表記で統一します。

2. 経営形態から見た墓地の種類

次に、経営形態から見た「墓地」の種類を詳しく見ていきましょう。
主な墓地の種類は、「公営墓地」や「寺院墓地」、そして「民間墓地」と「みなし墓地(共同墓地)」の4つがあります。

公営墓地
「公営墓地」は地方公共団体が運営している墓地を指します。運営主体が地方自治体であるものと、公認の指定管理業者に委託しているものがあります。正直、地方自治体による管理と公認の指定管理業者で、利便性やサービスの質に大きな違いはありません。
「公営墓地」は「寺院墓地」や「民間墓地」と比べ、永代使用料や管理料が安い傾向にあります。その代わり、使用する場合の制限があることも多く、基本的にはその地域に住んでいる人しか利用できません。また、「公営墓地」は生前の墓地購入を制限しているところも多く、直近で身内を亡くし、墓地をすぐに必要とする人向けであり、その利用が限定されていることもあります。よくある勘違いとして、「共同墓地」が同じ「公営墓地」に属するというものがあります。しかしながら、「公営墓地」は「共同墓地」とは異なるので注意しましょう。

寺院墓地
「寺院墓地」は仏教寺院が運営・管理するタイプのものを指します。多くは寺院の境内、もしくは隣接地に開設されており、寺院が管理運営を行います。基本的に檀家や門徒、信徒のためにある墓地なので、一族全体でつながりの深い寺院にお墓を建てます。葬儀や法要など、供養に関することを全て執り行ってくれるだけでなく、いつでも相談することができるのも、「寺院墓地」の大きなメリットです。

民間墓地
「民間墓地」は宗教法人や公益法人から委託を受けた民間企業が運営するものを指します。経営母体は宗教法人や公益法人であり、運営管理する会社は異なることもあります。厚生労働省の「墓地経営・管理の指針等について」という通達にあるとおり、民間企業には墓地経営は基本的に許されていません。そのため宗教法人が経営母体になり、民間企業が運営管理を行うのが一般的です。どこからどこまでを民間企業が行っているかは、経営母体である宗教法人の考え方によってそれぞれ異なります。民間霊園は、基本的に誰でも利用することができ、時代に合わせたきめ細かいサービスが充実しているのが特徴です。

みなし墓地
「みなし墓地」は、「墓地、埋葬等に関する法律 (墓埋法)」以前に開設され、追認されたものを指します。
昭和23年に施行された墓埋法により、墓地や納骨堂は経営者が都道府県知事の許可をもらわなければいけなくなりました。
しかし、この法律施行以前の墓地は管理者の存在が曖昧になっていることも多く、知事の許可を取るように手続きを行うことができません。そこで、こうした墓埋法以前から存在する墓地については追認という形で対処したのです。
「みなし墓地」は使用に関して法律上問題になることはありません。しかし、管理者が分からないことも多く、改葬などの手続きが難しくなる危険性もあります。

3. 施設タイプから見た墓地の種類

次は施設タイプから墓地の種類をみていきます。
施設タイプで分ける場合は「埋蔵施設」と「収蔵施設」に分けることができます。

埋蔵施設
一般的な墓地は「埋蔵施設」とも言われます。いわゆる墓地といわれてイメージするものは「埋蔵施設」の一種であり、「一般埋蔵施設(一般墓地)」と表記されることもあります。ここ数年の間に、芝生を敷き詰めた芝生型埋蔵施設(芝墓地)や壁型埋蔵施設(壁墓地)、そして樹木葬を行う樹木型埋葬施設(樹木葬)などが登場しています。

収蔵施設
「収蔵施設」は、一般的には納骨堂といわれる、お墓を建てるまでの間、一時的に保管する場所でしたが、長期的に保管してもらいたい、という大勢のニーズを受け「長期収蔵を前提とした施設」も登場しています。基本的には、収蔵施設は一時保管を前提としているため永代供養はできませんが、最近では一時保管後、無料で永代供養墓に改葬し、永代供養してくれる施設も登場しています。
ちなみに、最近テレビCMや新聞等の折込チラシなどで目にする屋内型の墓地はこの収蔵施設に該当します。

4. 一般墓の種類

墓地のお墓にもいくつかの種類があります。大きく分けて「家墓」、「両墓」、「個人墓」の3つです。それでは、各お墓を詳しく見ていきましょう。

家墓
「家墓」は一族で所有しているお墓を指します。「○○家の墓」というように家名が刻んであり、家族や親族が共同で使用します。現在、最も一般的なお墓とも言えるでしょう。「家墓」は長男が引き継ぐのが主流です。しかし、昨今の少子高齢化を受け、承継者がおらず維持管理が難しくなってきている方も多いようです。そのため、近年では墓じまいをし、別の墓地や樹木葬などの永代供養墓に移転したり、散骨したりすることを検討する人も増えています。

両家墓
「両家墓」は夫婦両家で所有するお墓のことです。ひとつの区画に両家のお墓を建てたり、両家の墓石をひとつにまとめて管理するのが一般的です。近年では一人っ子同士での結婚やお墓を継ぐ長男がいないといった事情から、「両家墓」にする人も多いです。

個人墓
「個人墓」は故人ひとりだけで入るお墓です。永代供養もセットになっていることも多く、承継者を必要としないメリットがあります。「親類縁者に手間をかけさせたくない」と選択する方も多く、近年、特に注目を集めているお墓と言えるでしょう。
また、自分専用のお墓になるため、デザインを自分流に好きにあしらったり、自分の好きな文字を刻んだりと、遊び心をふんだんに盛り込むことができるのも、「個人墓」の大きな特徴です。似た形式のお墓として「自宅墓」がありますが、「個人墓」はあくまで墓地に故人専用のお墓を建てるものです。自宅で供養を行う「自宅墓」とは少し形式が異なります。

5. 新しい形態の墓地

ここ数年、お墓のあり方も多様化し、墓地の形態にも変化が表れています。新たなニーズに応えるようにして生まれた、3つの供養の形をここではご紹介します。

納骨堂
「納骨堂」は故人の遺骨を埋葬するのではなく、収蔵して供養するところです。いわゆる収蔵施設のひとつで、元々はお墓を建てるまでの間、一時的に保管する場所だったのですが、前出のとおり、近年では「納骨堂」を使い続ける方も増え、それに伴い、納骨専用のサービスも登場しました。そのため一時保管だけでなく、永代供養をしてくれる「納骨堂」も多いです。
墓地に比べると、広い場所を必要としないため、都心部のビル内にあるので、アクセス至便なところが大きな特長です。また、ビルの中なので、空調が効いているため夏や冬でも快適に過ごすことができます。こうした利点から今、「納骨堂」は人気です。

樹木葬
「樹木葬」は墓石の代わりに桜や紅葉などのシンボルツリーを植えて故人の供養を行います。従来の墓地に比べて、明るく華やかなイメージのある「樹木葬」は「自然へのロマン」を大切にする方以外にも受け容れられて一気に流行しました。「樹木葬」の種類として、里山に埋葬するものや墓地区画に埋葬するものなどが一般的です。承継者を必要としない永代供養であることも多く、子どもや親類に手間をかけさせたくないと言う人にも人気の供養方法です。

自宅墓
「自宅墓」はその名の通り、自宅に置くことのできるお墓を指します。お部屋や仏壇の中に遺骨を安置することもでき、より身近で故人を供養することができます。リビング、寝室といったお部屋にも置くことができるため、それぞれのライフスタイルに合わせやすいのも自宅墓が持つメリットのひとつです。
「家から墓地までの距離が遠い」という心配事がないので、残された家族の利便性を重視して「自宅墓」を選ぶ人も多くいます。

6. 墓地、お墓の種類は多様化しています。
あなたとあなたの家族の希望に沿ったものを探しましょう

経営形態だけでなく、様々な切り口で墓地・お墓の種類を考えることができます。繰り返しになりますが、最近はライフスタイルや家族の在り方も多様化し、それに伴って墓地やお墓のスタイルや形も変化しています。
樹木葬や自宅墓といった新しい供養の形を選択する人も多くいる近年では、従来のお墓のイメージにとらわれるのではなく、あなた自身や家族がどうしたいかを中心に考えることが大切です。
今回の記事を参考に、ぜひあなただけの理想の墓地・お墓を探してみてください。