松戸家

  • 0120-980-015
  • 0120-980-015
  • 営業時間:9:00~17:00 ※定休日:火曜日
  • 営業時間:9:00~17:00
    ※定休日:火曜日

未来のお墓研究所
お墓選びを後悔したくないあなたへ

お墓参りの時期っていつ?
お盆・お彼岸などそれぞれのお墓参りを解説

女性専用墓とは?増えている背景と死後離婚

「お墓参りはいつ行くべきなのか」「お盆やお彼岸でなければいけないのか」など、この時期、お墓参りに行くことに躊躇してしまう方も多くいるのではないでしょうか。実は、お墓参りの時期にタブーはなく、行きたい時に行ったとしても問題ではありません。そこで今回は、お墓参りの時期や機会について、お盆やお彼岸などの解説と合わせて紹介します

1. お墓参りの時期とは?

お盆やお彼岸などに行うケースも多いお墓参り。実は、基本的にいつ行っても問題はありません。1年を通していつお墓参りをしても、マナー違反になることはないのです。とは言え、全国的に多くの方がお墓参りへ行く時期というのも確かに存在します。8月13日~16日のお盆の時期(※東京と関東地方の一部は7月15日付近)、もしくはお彼岸や命日、年末年始はお墓参りの一般的な時期です。

お墓参りに行く一般的な時期

時期
お盆
※東京や関東地方の一部
8月13日〜8月16日
※7月15日付近
お彼岸 春分の日(3月20日付近)
秋分の日(9月22日付近)
命日 個人のお亡くなりになった日
年末年始 12月末から1月初旬にかけて

【7・8月のお墓参り】お盆について
7、8月は「ご先祖様や故人が生まれ育った場所や家に戻ってくる」と言い伝えられている時期です。東京や関東地方の一部の地域は、7月15日付近ですが、一般的には8/13〜8/16日の4日間がお盆の時期といわれます。お盆の通例は、8月13日の夕方にお墓や自宅にて「迎え火」でご先祖様を自宅に迎え入れ、8月16日に行う「送り火」でご先祖様を送り出します。
ご先祖様が家に戻ってくる前、8月12日までにお墓のお掃除をし、自宅で迎え火・送り火をする場合には、中日である8月14日、15日にお墓参りに行くのが一般的です 。また、お墓参りの時間帯については「午前中に行く」という習わしがあります。これは「他の用事よりも、お墓参りを優先して来た」と示す意味があります。
そのため、可能であれば8月13日の午前中に行くのが良いとする方もいるようです。
しかしこの習わしも、地域や宗派によって異なります。お住まいの地域や、各ご家族の考えややり方によって多少の違いはあります。 

新盆について
ご家族や親戚が亡くなり、四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆が「新盆」です。地域によっては「初盆」とも呼ばれます。通常のお盆のように、毎年あるわけではなく、故人の死後1回目の夏だけが新盆と呼ばれます。新盆にあたる7月はご家族や親戚、知人が集まり、お墓参りや供養を行います。合わせて僧侶を招いて法要を行い、その後に会食をするのが一般的です。

2. お彼岸のお墓参りについて

春と秋で2回訪れるお彼岸は、死後の世界にいるご先祖様や故人のために供養をする期間です。「春分の日」と「秋分の日」を中心に1週間を指しますが、日付は毎年異なるので注意しましょう。具体的な日付は法律で示されておらず、毎年2月に国立天文台が翌年の「春分の日」「秋分の日」を確定するので、その日を中心に1週間がご先祖様や故人を供養する期間になります。また、この時期に帰省し、お墓参りに行かれる方も多いでしょう。もし予定が合わずにお彼岸の時期にお参りに行けない場合は、線香を備えて手を合わせるだけでも問題ありません。大切なのはご先祖様や故人に供養と感謝の気持ちを伝えることです。

一般的なお彼岸の時期

春のお彼岸 秋のお彼岸
春分の日を中心に1週間 秋分の日を中心に1週間

【3月のお墓参り】春のお彼岸
3月のお彼岸は春分の日を中日として、その前後3日間を含む計7日間を指します。秋のお彼岸と区別し、「春彼岸」と呼ばれることもあります。この期間内はいつでもお墓参りにふさわしい時期と言えますが、特に多くの方が出向くのは中日の「春分の日」です。

【9月のお墓参り】秋のお彼岸
春分の日と同様、秋分の日を中日として、その前後3日間を含んだ7日間が秋のお彼岸にあたります。「春彼岸」に対して、こちらは「秋彼岸」と呼ばれることもあります。春のお彼岸と同じく、中日である「秋分の日」がお墓参りに最適な時期です。

3. 命日のお墓参りについて

命日には「月命日」と「祥月命日」の2種類があり、どちらも故人が亡くなった月日のことを意味します。
それぞれを命日として同じ認識を持たれている方も多いですが、明確な違いがあります。この機会にしっかりと確認しておきましょう。

月命日
月命日は故人が亡くなった日と異なる月の命日を指し、1年に11回訪れます。例えば命日が9月30日の場合は、9月以外の毎月30日が月命日にあたります。
1年の中で多く訪れる月命日には、お墓参りへ行くのではなく仏壇で供養される方も多いようです。

祥月命日
祥月命日も同じく命日を指しますが、こちらは故人がお亡くなりになった同じ月日を指します。いわゆる一般的にイメージされる命日はこの祥月命日です。「祥月」とはお亡くなりになった月を指し、「命日」は日を指します。祥月命日は「忌日」とも言われ、お墓参りを行うだけでなく「一回忌」「三回忌」「七回忌」として檀家としてお世話になっているお寺で法要を行うのが一般的です。

4. 年末年始のお墓参りについて

年末には1年の感謝を、年始にはご先祖様や故人への新年の挨拶も兼ねて、お墓参りをします。年末年始はご家族や親戚が集まりやすい時期でもあるため、一緒にお墓参りをする方も多いようです。
年末年始のお墓参りでは、お盆やお彼岸のように、一般的な時期は特にありません。「年末にお墓参りを兼ねてお墓の掃除をする」「新年の挨拶をするためにお墓参りをする」など、お墓参りの仕方もご家庭によってさまざまです。

5. お墓参りの時期について、基本的にタブーはありません

お墓参りはお盆やお彼岸など暦に合わせて行う方が多いですが、基本的にタブーの時期はありません。そのためお墓参りをしたい、ご先祖様や故人に何かを報告したい時、会いたい時に行っていただいて問題はありません。お墓参りをするにあたり、大切なのは供養と感謝の気持ちです。時期を気にし過ぎて供養の頻度が減ってしまうのでは本末転倒です。ご先祖様や故人のためにも、この機会にお墓参りをしてみてはいかがでしょうか。