松戸家

  • 0120-980-015
  • 0120-980-015
  • 営業時間:9:00~17:00 ※定休日:火曜日
  • 営業時間:9:00~17:00
    ※定休日:火曜日

未来のお墓研究所
お墓選びを後悔したくないあなたへ

葬儀や法事で失敗しない服装マナー

葬儀や法事で失敗しない服装マナー

急な葬儀や法事の際、迷ってしまうのが服装です。喪服はいつまで着ればいいの?アクセサリーや小物はどうする?子どもは何を着ればいい?など、知らないことが多い服装のマナー。
そこで今回は葬儀や法事の際の服装のマナーについて紹介いたします。

1. 喪服とは

喪服とは「喪に服す」という意味で、黒い服に身を包むことで悲しみに寄り添い身を慎むということから、三回忌までは遺族や親族だけでなく参列者も喪服を着用するのがマナーです。
喪服といっても実は3種類あります。

正装服
最も格式の高い喪服のことで、喪主や親族など葬儀の主宰者側が着用します。モーニングコートはフロックコートの前裾を乗馬用に切り落とし、後ろを長く斜めにカットされた独特なデザインが特徴です。男女ともに和装も正装服です。
最近は簡略化も進み、あまり着る人が少なくなっています。

純喪服
最も一般的なのが純喪服です。男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルと呼ばれ、三回忌までの法事に着用されます。

略喪服(平服)
略喪服とは三回忌以降の法事や急な弔問、お通夜などに参列する際に着用します。黒や濃紺などのダークカラーで控えめな服装のことで、「平服」とも言われます。

2. 男性の服装(準喪服)

四十九日や三回忌までの法事に参加する際に着用します。
男性が着用する純喪服は、ブラックスーツが一般的です。生地は黒で光沢素材ではないものを選びます。上着はシングルとダブルどちらでも問題はありませんが、パンツは裾がシングルのものを着用します。ネクタイは黒無地で光沢のないものを選びましょう。ネクタイピンは使いません。ワイシャツは白無地のレギュラーカラーで開襟シャツやカラーシャツ、織り模様のシャツは避けましょう。ベルトは黒無地でシンプルなものにし、大きなバックルや蛇模様などがついたものはNGです。靴は革靴で紐で結ぶタイプのものにし、エナメルや金具のついたものは避けましょう。靴下は黒無地です。
バッグなどは持たず、荷物はポケットに入れるようにします。バッグを持つ場合は黒で装飾のないシンプルなデザインのものを選びましょう。

3. 女性の喪服(準喪服)

ブラックフォーマルのワンピースやアンサンブル、パンツスーツを着用します。着丈は普段着よりも長めのものを着用します。露出度の高いものや光沢のあるもの、透ける生地は避け、シンプルなデザインにします。アクセサリーはつけない方が無難ですが、つける場合は真珠のネックレスやイヤリングにしましょう。連が重なるものは「不幸が重なる」と言われているため避けましょう。バッグは黒い布製で、光沢や飾りのないものにします。荷物の多い場合は黒のサブバッグを持つようにします。ストッキングは薄手の黒を着用し、厚手のものや柄物や派手なものは避けましょう。靴はヒールのない黒のシンプルなパンプスにします。素材は布か皮のもので、ミュールやサンダルはNGです。また、派手なネイルや指輪もNGですが、結婚指輪は外さなくても大丈夫です。

4. 男性の平服(略喪服)

法事も7回忌以降は「平服でお越しください」と言われるようになります。平服とはどのような服装なのでしょうか?
平服とは「その場にふさわしい服装」という意味で、Tシャツやジーパンのようなラフな格好のことではありませんので注意しましょう。
基本的は、黒や紺、グレーなどの地味な色で無地のダークスーツを着用します。できれば無地の方がいいですが、織柄や目立たないストライプくらいなら大丈夫です。ワイシャツは白のレギュラーカラーで、ネクタイは黒がベストですが、目立たない柄であれば大丈夫です。ベルトや靴、靴下は準喪服と同様です。

5. 女性の平服(略喪服)

女性も黒や紺、グレーのワンピースやセットアップスーツが基本となります。スカート丈はひざ下からふくらはぎくらいの長さで、露出度の高いデザインはNGです。パンツスーツでも大丈夫です。中に着る服は白でも大丈夫ですが、デザインはシンプルなものにしましょう。
アクセサリーやバッグ、ストッキング、靴は準喪服と同様です。
夏場でも五分袖か七分袖で露出をさけたものがいいでしょう。ストッキングは暑くとも肌色のものや素足はNGです。

6. 子どもの服装

学生の場合は基本的に学校の制服を着用します。制服がない場合は、男子は黒や紺、グレー等のブレレザーにズボンと白いシャツを着用します。女子は黒や紺、グレー等のブレザーにスカート、白いブラウス、もしくはワンピースを着用します。靴や靴下は黒か紺、白の無地のもので、ローファーがなければスニーカーを履いても大丈夫です。
小さい子どもの場合は、地味な色合いのシンプルなデザインのものを着用しましょう。キャラクターがついていたり柄の入ったものはNGです。

葬儀や法事は故人を偲ぶための場ですから、場の雰囲気を壊すような服装は避け、故人や遺族への配慮を心がけましょう。