松戸家

  • 0120-980-015
  • 0120-980-015
  • 営業時間:9:00~17:00 ※定休日:火曜日
  • 営業時間:9:00~17:00
    ※定休日:火曜日

未来のお墓研究所
お墓選びを後悔したくないあなたへ

意外と知らない?関東と関西のお墓や葬儀のあれこれ

意外と知らない?関東と関西のお墓や葬儀のあれこれ

日本には地域によってさまざまな慣習があり、結婚や転勤などで行ってみてびっくりするようなことがありますが、お墓についても関東と関西では異なる点がいくつかあるのです。
今回は、この違いについてご紹介いたします。

1. 収骨

遺体を火葬した後に遺骨を骨壺に入れて納めますが、この収骨に関東と関西では違いがあることをご存じでしたでしょうか?
関東では火葬の後、足から順番に全身の遺骨をすべて拾い骨壺に収めます。
一方関西では、足から腰、腹、胸の一部を収骨し、最後に喉仏と頭蓋骨の一部を拾うのが一般的です。残った骨は分骨しお寺の本山に収めたり手元供養をしたりするか、火葬場へ残して帰るようです。
なぜこのように収骨に違いがあるかというと、ひとつには関西には宗派の総本山が多く存在し、古くから本山納骨と言われ、総本山に遺骨を納めた名残だと言われています。
また、明治時代に出された火葬禁止令が2年で廃止された際に、関東ではその通達が生き渡ったため全骨を収骨するようになりましたが、関西ではその通達が行き渡らなかったためと言われています。

2. 骨壺と納骨方法

関東ではすべての遺骨を入れるため、骨壺の大きさは7寸程度(直径21㎝)の大きめの骨壺を使用します。大人の人の遺骨の重量は2~3㎏あり、それをすべて収めるには7寸程の大きさの骨壺が必要なのです。そのため、墓石の下にあるカロートも大きく、1段でなく2段になっていることが多いようです。その際人がもぐって納骨しなくてはなりません。
一方関西の場合は、骨壺は3寸~5寸程度(9~15㎝)と小さめの骨壺を使用します。お墓のカロートは小さく、納骨の際は骨壺から遺骨を出してさらしと呼ばれる木綿の袋状のものに入れかえて納骨します。遺骨が土に戻りやすいように、内部は土でできていて、わざと雨水などが入りやすい構造になっています。

3. お墓

墓石に使用される石材も関東と関西では異なります。日本の墓石でよく使われているのが風化に強く丈夫な御影石ですが、地域によってその色が異なり、関東では黒御影石がよく使われています。
一方関西では黒御影石が取れなかったことや「黒い石材を使用すると家が途絶える」と言われたことから白い御影石が使われています。なかでも大島石という愛媛で採れる墓石が人気となっています。
また、和型の墓石の形にも違いがあります。関東では水鉢と香炉が別々になっていて、同じくらいの高さに花を生ける場所があります。
それに対し関西では、水鉢と香炉は一緒になっていて、花を生ける場所も高く、一つひとつ独立した形になっています。

4. 葬儀を行うまでの日数

関東では逝去されてから2~4日で葬儀を行うことが一般的です。これは、関東ではお葬式の後に行う火葬場の空き状況によるものです。そのため、火葬場の予約が取れてから葬儀の日程が決まります。特に首都圏では時期によっては火葬場が込み合ってしまい、何日も待たなくてはならない場合もあります。
一方関西では葬儀は亡くなった翌日に行う場合が多いようです。

5. 香典

関東では香典を受け取るのが一般的ですが、関西では近年香典の受領を断るようになっています。その場合は記帳する受付の前に香典の受け取りをお断りする旨の表示があります。そのため関西では四十九日の香典返しもありません。
また香典袋も関東と関西では異なります。関東では白黒に銀色の香典袋ですが、関西では白黄色に銀色です。水引きの色は地域によって異なるため、親戚の方に聞いてみるといいでしょう。

6. お通夜の後の料理

関東では、お通夜の後に参列者全員に食事を振る舞います。多くの人が参列されるので、お寿司やオードブルなどは大皿に盛りつけられます。参列者は飲み物や食べ物など一口はいただくことがマナーとなっています。
一方関西では、一般の参列者は通夜の後はそのまま帰ります。親しい知人や親せきなど一部の人にだけが残って食事をいただきながら故人を偲びます。

これまで当たり前だと思っていたしきたりやマナーも、地域が変わればいろいろと違いがあるようです。知らなかった!とならないためにも、葬儀の際には事前に親戚の方や葬儀会社の人などに確認しておくといいでしょう。